• GROW
  • GROWについて
  • GROW
  • GROW
  • GROW
入会お申し込み
About Us
About Us
About Us
About Us
About Us

 


ネットワーク
Japan Society of Humanistic Anthropology Association
ABRD
AAA
Only One Lift-Live It!
情然研究所
和解と発展の運動

  I. ベナンの「和解のプロセス」に至る歴史の概要

 ベナンは、人口約900万人(2012年4月時点)の西アフリカのギニア湾に面した国である。文化や習慣は、ブードゥーという伝統的宗教の影響を大きく受けている。ベナンの宗教は、ブードゥー教が65%、キリスト教が20%、イスラム教15%である。
かつてこの地域は、ダホメ王国を中心として、17世紀ごろから約300年にも渡り、大西洋奴隷貿易の中心だった。奴隷貿易が廃止され、1894年から1960年まではフランスによる植民地となった。
 1960年には、アフリカ諸国の独立が続く中、ベナンもダホメ共和国として独立したが、奴隷貿易時代、植民地時代の400年近い期間に人材・資源が国外に流出したことで、国政は安定しなかった。ベナンは、1963年から10年間で成功したクーデターが6回というアフリカ諸国の中で最多数を記録し、「アフリカの病気の子供(A sick child in Africa)」と呼ばれるほど混乱した。その挙句は、世界的に共産主義が拡大する中、ベナンも1975年にはマルクス・レーニン主義による社会主義国家を目指すことになり、国名はベナン人民共和国と改められた。
 しかし、15年後の1989年12月には経済破綻によりマルクス・レーニン主義を放棄し、新たな国家体制を模索することになった。これが話し合いで国民が和解し、平和裏に多党制民主主義を成功させることとなった国民会議であり、民主国家・ベナン共和国の新しい出発点となった。

  II. 「国家改革のための国民会議The Conference of the Vital Forces of the Nation
   (国民会議 the National Conference)」を開催

 「国家改革のための国民会議(国民会議)」は、1990年2月19日から2月28日までの10日間、コトヌー (Cotonou) のホテルAledjo PLMで開催された。参加者は、大統領中心の体制側、混乱中に国外に出ていた元大統領などの政治経験者、各宗教指導者、教師、メディアなど100ほどの各種グループ総勢500人におよぶベナン人である。また、ベナン駐在の各国外交官たちは発言権のないオブザーバーとなった。
 ベナン人は、これまで奴隷貿易、植民地化など、混乱や不幸の原因がいつも国外からもたらされると考えてきた。しかし、彼らは、国が疲弊し尽くした時、その考えを改めて、問題の原因が国内にもある、もっと言うなら、自分自身の心の中に問題の原因があると考えた。そして、ベナン人の良き文化的伝統を土台とした道徳心・秩序と愛情が困難を克服させた。それはまた、問題を解決するための忍耐強い対話をも可能にした。
 国民会議開催の目的は、政治論争の平和的解決、民主化、人権と法治国家、自由、経済と社会の発展について話し合うことであった。ベナン人のだれもが混乱状況を収拾し、幸福な社会を切実に願ったが、本当の出発点に立つために、問題を知ること、その事実を受け止めることが要求された。
 その中心にいたのが、体制側の代表、マチュー・ケレク(Mathieu Kérékou)大統領と国民の代表、カトリックの神父、イシドレ・ドゥスーザ(Isidore de Souza)大司教であり、二人は対話を続けた。ついにケレク大統領は、国家を破綻させたことを国民に謝罪し、新しい体制に進むことを自ら宣言したことでベナンの歴史は大きく転換した。

  III. ベナンの「和解のプロセス」

この国民会議による和解には次の「和解のための3原則」が働いていた。
    ① 歴史上の真実を知る
    ② 誤りを認める
    ③ 許し、恨みや怒りの歴史を転換する
 「国家元首が自らの誤りを認め、国民がそれを許した」と書くのは簡単だが、この実践が容易でないことは誰でも想像できるだろう。国家元首、国民共に大きな課題は、「自己中心性」という問題である。自分を中心とした観点に捉われている限りは謝罪できないし、許すことができず、和解は成立しない。「和解のための3原則」に従おうとすれば、困難や厳しさを伴い、それを乗り越えることは容易ではない。だから、ケレク大統領は葛藤し、混沌とし、ある時には感情的になった。
 しかし、ケレク大統領は、ドゥスーザ神父の忍耐とベナン人の文化的伝統からの道徳心と秩序と愛情により、本心の声に聴き従い、困難を克服した。また、ドゥスーザ神父を支えたのは、カトリック信仰と神父を支えたベナン人の伝統を中心とした一体感であった。
 ドゥスーザ神父は、国民会議終幕のスピーチでケレクが「国を愛する人であった」ことを語っている。国を愛する国家元首と国民が一つになり、国難を乗り越えた。そこには、自分よりも他を思い、国を思う心が自己中心性を克服させた。国家元首が間違いを認め謝罪し、国民は家族の心でそれを許し受け止めた。
 1991年に民主化初の大統領としてニセフォー・ソグロが選出され、退いたケレクだったが、5年後、かつての社会主義国家の大統領が民主国家の大統領として再選出され、10年間2期に渡り任期を全うしたことは私たちの興味を引くところである。

ジャンプ Next

 

 

PageBack
PageTop